Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

パレクセルに入社を決めた理由を教えてください

私がクライアントの立場だったとしたら、数あるCROの中でどこに仕事を任せるべきかと考えたときに、今後益々グローバルスタディがメジャーになっていくなかで、世界規模の治験ができるCRO、それも世界同時に治験を開始できるグローバルCROに任せたいと考えるだろうと思い、パレクセルに決めました。

入社前と入社後で会社の印象は変化しましたか

外資系企業はサバサバしていてドライなイメージを持っていましたが、選考が進むなかで最終面接官の方々と話をして、「ここなら大丈夫かもしれない」と思い、パレクセルへの入社を決めました。そのイメージ通り、和気あいあいとして風通しのいい社風です。黙っているままだと手は差し伸べられないかもしれませんが、「困っています。わからないです。」と言ったら、誰かしら助けてくれる環境です。これは入社後にもっとも実感したことです。

一日の過ごし方について教えてください

モニターのときは、施設やCOLからのメールは日本語がほとんどでしたが、COLになってメールの量が数倍以上になり、その大半が英語になりました。グローバルCOLPLとやり取りする機会が多く、午前中は海外からのメール対応に費やすことが多いです。PLCOLからのメールをモニターに単に転送するだけであれば、緊急性を理解してもらえなかったり、モニターの負荷が増えることに繋がりかねないため、どうモニターチームに伝えるべきか、どのようにしたら少しでもスムースに対応してもらえるかを考えつつ情報を展開するようにしています。

仕事の魅力ややりがい、またチャレンジを教えてください

モニターのときも同様ですが、人の健康や命にかかわるので、正確性が求められるのはこの仕事の難しい部分と思います。また、COLの立場としては、グローバルからの情報をモニターに伝えて、モニターに正確にやってもらう大変さがあります。ただその分、自分の仕事の影響力は広がり、その試験に貢献しているという意識も高くなりました。試験がうまく進むことで、患者さんに薬を届けられるということがやりがいやモチベーションに繋がっています。COLになったことで、患者さんのデータに直接触れる機会はなくなってしまいましたが、自分の意識の中に患者さんを置いておかなければ数字に追われる日々になってしまうので、そこは常に意識して仕事するようにしています。

自分の成長を実感できたエピソードを教えてください

COLになった当初はサブからスタートしましたが、半年くらい前からメイン担当となり、グローバルとの会議で海外のメンバーに英語で日本の状況を説明したり、自分がオーナーとなって会議をリードできるようになったところは自分自身の成長を感じています。

これからチャレンジしたいことはなんですか

まだCOLの経験値も浅いですし、英語力をもっと伸ばして、日本発信でグローバル全体を引っ張っていけるグローバルCOLになりたいと考えています。

あって良かったと思う制度は何ですか

フレックスタイム制度と在宅勤務制度は本当にいいと思います。業務量は多い日もあればそうでもない日もあるので、自分のペースで調整することが可能です。1か月単位で見ると殆ど残業せずに済んでいます。

職場の雰囲気を教えてください

皆親切で、わからないと手を挙げたら、必ず誰かが教えてくれる環境です。風通しのいい会社だと思います。

どのような方にパレクセルにご入社いただきたいですか?

積極的で発信力のある人と思います。ただ、わからないときに「一から教えて」というのではなく、一歩先読みして自分で考えたうえで、「わからない。助けて」と言える人がいいと思います。また、上司には何でも話せる環境と思うので、自分の何が課題で何ができるようになりたいのかなどを自分の中で考えて話せる人がいいと思います。

※A.G. 2012年モニターとして新卒入社。2019年ACOLに昇進。
※社員の職位・タイトル・年次は取材当時のものです。