Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

Rob Long, Executive Director of Uplifting Athletes, speaking at an event.ロブは、シラキュース大学卒業間近で、NFLでプレイするという夢を現実のものにする直前に、完治が見込めない脳腫瘍があることを告げられました。この診断から1年後、チームメイトの一人が慈善団体のシラキュース支部を開設し、その9年後、ロブはその支部のエグゼクティブディレクターに就任します。

私が病気を診断されたときは、いろいろなことが起きている人生の大きな転換期の真っ只中でした。そのころ、私はNFLでプレイする道に進むと信じていました。しかし2010年の感謝祭の朝に具合が悪くなり、最後の試合が終わった5日後には、自分の体調の変化をこれ以上無視することはできないと思いました。そのときに付き合っていたガールフレンドが、もし私が病院に行かなければもう私と話をしないと告げたので、私は病院に行きました。

MRIを撮った結果、腫瘍は私の脳の4分の1を占めていました。私は緊急手術のため、自宅からフィラデルフィアへ飛びました。私の22歳の誕生日は、脳手術の準備で終わりました。術後目覚めたときに、頭痛がしないという感覚を忘れていたことに気づきました。腫瘍は取り除かれ、痛みや精神的なプレッシャーからも解放されました。

術後の健診で、ドクターが私に脳腫瘍の家族がいるかどうか尋ね、母がそうだと答えました。ドクターは、私の腫瘍はグレード3で完治は見込めないと告げました。私は死の恐怖を感じ、ドクターの「ネット検索はしない方がいい」というアドバイスを無視し、5年生存率が15%ということを知りました。

診断から一年後、チームメイトの一人が私に敬意を表するために、スポーツの力を通じて希少疾患コミュニティに希望を与える慈善団体”Uplifting Athletes(注:アメリカのカレッジフットボール選手の非営利団体)のシラキュース支部を開設したいと話しました。私はそのためにいろいろなところでスピーチし、資金集めの活動にもかかわりました。2016年にその団体の創設者に会い、フルタイムのメンバーになりたいと話したところ、受け入れられました。その2年半後に、私はエグゼクティブディレクターのポジションに就きました。

この団体は、2018年に”Young Investigator Draft”という若手医師向けのプログラムを立ち上げ、30万ドル以上の寄付を得るなど活動の幅が広がっており、とても嬉しく思っています。

To learn more about Rob and his efforts, please visit www.upliftingathletes.org. You can also follow Rob on Twitter and Instagram at @RobLong47.