Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

Patient Stories

臨床試験への参加は患者さん自身の選択となります。とてもセンシティブな意思決定ですが、臨床試験で想像を超える効果が得られ、人生が変わったという患者さんも多くいらっしゃいます。ここでは、臨床試験に参加された患者さんのご厚意により共有いただいた体験談を紹介させていただきます。このような患者さんのお話は、私たちパレクセル社員が日々仕事をする意味を常に思い起こさせてくれます。

Patient Voices: TJ's Story

TJ は25歳のときにメラノーマと診断されましたが、手術で無事取り除き、その後結婚して2人の子宝に恵まれます。しかしながら悲劇がTJを襲います。

詳しくはこちら  

Patient Voices: Tina's Story

ニューヨークシティの金融業界で多忙な日々を送っていたティナ。20代前半でクローン病と診断され、それから10年に及ぶティナの長い病との闘いが始まりました。

詳しくはこちら  

Patient Voices: Monica's Story

「がんに罹患し、私は絶望の淵に落ちました。でも今は希望があります」と語るモニカのストーリーをお読みください。

詳しくはこちら  

Patient Voices: Paul's Story

英国ロンドン在住のポールは、心臓疾患のリスク要因があるII型糖尿病との闘いを20年も続けています。

詳しくはこちら  

Patient Voices: Dayson & Erika's Story

エリカの息子デイソンは、生後8か月で、呼吸器障害を引き起こす遺伝性疾患の嚢胞性線維症(CF)と診断されました。その後デイソンは病と闘い続け、15の病院で入院治療を受けてきました。

詳しくはこちら  

Patient Voices: Rob's Story

ロブは、シラキュース大学卒業間近で、NFLでプレイするという夢を現実のものにする直前に、脳の4分の1を占める大きな脳腫瘍があることを告げられました。

詳しくはこちら