Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

Meet Jamie Langley: Regional Director, Parexel Academy Americas

"I truly believe that Parexel is a great place to work – for everyone. The 'heart' of the organization is in the right place, with a focus on our patients and our people."

  • 現在のポジションについて教えてください。  

私はノースカロライナ州で、お客様に研修を提供する「パレクセルアカデミー」のアメリカ地域のダイレクターを務めています。現在、そして将来の業界を担う人材育成のために、営業チームやお客様など多くの人とかかわりながら仕事を進めています。

  • パレクセルの環境に満足していますか?

もちろん!私は17年来のトランスジェンダーのパートナーと暮らしており、そのことについて同僚たちにオープンに話しています。同僚たちは、パートナーの性転換の手術の際、私が必要な情報を収集できるよう、驚くほど温かいサポートをしてくれました。

  • パレクセルのLGBTQ+社員に対する試みについてどう思われますか?

ここ数年で、パレクセルのLGBTQ+に対する取り組みは大きく前進しました。具体的には、“Parexel Pride”というLGBTQ+の啓蒙活動を行うグループが社内に発足したこと、また外部機関が発表した『LGBTQ+の社員をサポートする企業ランキング』にパレクセルがランクインしたことが挙げられます。これらの成果は、パレクセルのダイバーシティ&インクルージョンチームやリーダーシップチームのサポートなしでは達成できなかったと思います。

  • LGBTQ+の社員の受容を高めていくために、パレクセルとして今後何ができると思いますか?

私自身はとてもよい経験をしていますが、LGBTQ+の社員の状況は人によって大きく異なると思います。パレクセル社員のLGBTQ+の人々に対する認識をより高めるために、会社としてできることはまだまだあると考えています。”Parexel Pride”の活動を継続していくことは、LGBTQ+当事者の視点や彼らが直面するさまざまな課題について皆がより深く理解し、組織へのインクルージョンを促進していくことに繋がりますし、社内外に大きなインパクトを与えることになると思います。

  • 社外のLGBTQ+の人々に、パレクセルについてどう話しますか?

パレクセルは素晴らしい会社と自信を持って言えます。LGBTQ+の人だけでなく誰にとっても!患者さん、そして社員をとても大切にしている会社です。

  • 他の会社と比べてパレクセルのよさは何だと思いますか?

すばり、人ですね。パレクセルにはそれぞれの違いや価値観を認め合う文化が根付いています。どの会社にも高い技術やソリューションなどの強みがありますが、パレクセルの一番の強みはそこで働く社員と思っています。

Jamie and her partner of 17 years. ©Photos by Jamie Langley

Related Content

Diversity & Inclusion at Parexel

Find out about our People, Committees, Initiatives and Awards.

Read more