Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

全社員に聞いた!パレクセルの好きなところ

社員有志の団体"We Love Parexel"が定期的に発行しているWebマガジンが2020年12月に全社員向けに実施した「Parexelの好きなところ」アンケート結果&社員の口コミを紹介させていただきます。

Comments(入社10年以上)

  • 自分の意思と努力によって自分の望むキャリア形成ができる。
  • 自分の仕事をきちんとしていればいつでも有休が取れる。産休や育休はもちろん、お子さんの理由で急に休む人がいても誰もネガティブに思わない。
  • 一歩上のチャレンジをためらいなくさせてもらえるので、学ぶことが多く視野も広くなる。
  • 評価基準がわかりやすく、透明性が高いと感じる。 常に中期のビジョンが示されるので自身のキャリアプランを描きやすい環境。
  • 対応の早さ。特にコロナ禍での在宅勤務への切り替えは、他社に比べても早かったと思う。
  • 「私は偉いんだ!」といばっている上司がいない。

Comments(入社5年~10年未満)

  • 日本社会の悪い風習、たとえば、無意味な上下関係、周りに気を遣って休めない、帰れない、コロナ禍に無駄に出社する、などがない。
  • ミスがあったときにその人個人を責めず、どう対処するか、今後ミスを無くすためにどうしていけばいいかに焦点をあてる風土。
  • 全体的に穏やかな人が多く、「この人と一緒に働きたくない」という人がいない。
  • 開発の現場で仕事をする社員が、真摯で倫理観が高いところ。
  • 個性や多様性を認めあうことができ、外資っぽくほどよい距離感。でも困ったときは手を差し伸べられる関係がとても居心地よい。
  • どんな意見でも受け止めてくれる人がいる。 息詰まったときにどうしたら改善できるか、どのように視点を変えるといいかを一緒に考えてくれる人がいる。
  • 日本企業にありがちな女性社員への風潮(女性がお茶くみをするとか)がない。

Comments(入社3年~5年未満)

  • 外資の風通しのよさと、日本人の真面目さを足して2で割ったような社風。外資あるある風のアクの強い社員は少なめで、協調性のある人が多い。
  • (半)強制的な飲み会がない。行きたい人と、行きたいときだけ飲みにいけるのが素晴らしい。断ったらダメみたいな雰囲気がないのも気楽で好き。
  • 皆が多様性を認め、ジェンダーギャップがなく、快適な空間を提供してくれる。
  • 自由だけどプロフェッショナル。社員が率先していろいろ新しいことや楽しい企画を考えているところ。
  • やるべきことを自分できちんとしていれば比較的自由に働くことができるところ。
  • 上司が業務量を把握しようと努めてくれている。困ったことを聞いてくれる。
  • この5年間、社内でさまざまな人と関わってきたが、いい人しかいない。

Comments(入社1年~3年未満)

  • 依頼を快く引き受けてくれる方が多く、気分を害することがない。気軽に話しかけられる一方で、皆節度を持っており、疑問点を後回しにすることなく、また不要な心配をすることもなく業務をスムースに進められる。
  • 本当にみんな優しい。どんな些細な質問や相談も真摯に聞いてくださる先輩方、何でも話せる同期のおかげで在宅勤務で直接会えない環境でもとても支えられて仕事ができている。
  • 世界中から最新の画期的な医薬品の案件があり、その開発に関わることができる。また、伝統的な日本企業にありがちな非効率な企業運営が少ない。
  • もともとリモート環境が整っており、グローバルの意思決定が素早く的確であったりしたことで、コロナ禍でも最小限のインパクトのみで業務を継続できたところはさすがと思った。パレクセルの組織としての強さを実感する機会となった。
  • 育休取得や職場復帰もしやすく、子供がいる社員にはとても理解のある働きやすい会社と思う。
  • 社員の意見に対し上層部が耳を傾けている。SOPなど業務プロセスがしっかりしている。
  • 仕事以外のプライベートに関する詮索がない。 休みが取りやすい。 仕事のやり方の自由度は高い。 若い人でも意見が言いやすい。

Comments(入社1年未満)

  • 先輩への質問のしやすさなど風通しのよさ。
  • 先輩方がとても優しく、適切な指導をしてれる。気遣いも感じられ、本当に働きやすい環境にいると日々感じる。
  • 社内でのセミナーなどが多く、望めば自己啓発していける文化がある。
  • 誰にでも意見などを発言、発信できる機会が与えられていること。
  • 多様な人材がいることで、新たな気づきを得ることができる。
  • 入社後、ずっと在宅勤務のため、未だパレクセルの社風・文化が十分に分からないという悩みもあり。