Skip to main content

Contribute to meaningful advances that benefit patients in need

Celebrating Diversity, Equity & Inclusion at Parexel

パレクセルのダイバーシティ、エクイティ&インクルージョンのビジョンは、性別、年齢、人種、国籍、宗教などの「違い」にかかわらず、社員、お客様、患者様など全ての人々の価値観を尊重することです。お互いの違いを認め合い、誰もが「ここは私がいる場所」と思える環境を目指しています。

Patients

Our patients-first focus ensures therapies are effective across all populations.

Our People

Our diverse employee base helps us better innovate and anticipate market demands.

Supplier

Our emphasis on diverse suppliers and partners provides us with a competitive advantage and allows us to focus on diverse patient engagement.

パレクセルの「ダイバシティ、エクイティ&インクルージョン」関するエクゼクティブリーダーシップチームからのメッセージビデオをご覧ください。私たちが掲げている"We care"と"Respect"は決して絵空事ではありません。

We care each and every day

”We Care” Diversity(多様性を尊重する)”は、パレクセルの戦略を支えるコアバリューです。詳しくは以下をご覧ください。

Regional Committees and Steering Committees

LGBTQ+の社員を含む全ての社員が互いに協力し合い、共に価値を創造していけるよう、パレクセルにはダイバーシティ&インクルージョンに関する多くの活動グループがあり、世界中でさまざまな活動を行っています。

  • LGBTQ+alliesに関する活動グループ (Parexel Pride)
  • ジェンダーパートナーシップに関する活動グループ
  • 採用チームによる活動グループ
  • アルゼンチン、ブラジル、ドイツ、インド、アイルランド、日本、ルーマニア、イギリス、アメリカなど、各地域毎の活動グループ
  • サプライヤーダイバーシティに関する活動グループ

   日本における活動について  

Initiatives and Leadership Development
  • ブラックヒストリー(アフリカ系アメリカ人歴史)月間
  • 国際女性デー
  • プライド月間
  • MARC (Men Advocating Real Change)
  • 女性のリーダーシップ
  • ヒスパニック月間
  • Movember(Men’s Health Awareness/男性の健康意識の向上)

Leadership Development
  • Wisdom Circle
  • MARC (Men Advocating Real Change)

   パレクセルの女性の活躍と各種プログラムについて  

Get to know our people

多種多様なバックグラウンドを持つ社員と共にあるParexel。いくつかのケースを紹介します。

アイーダのコミットメント

ヒスパニック系の家庭に育ち、大学卒業後エンジニアとしてキャリアをスタートさせたアイーダ。その後、キャリアの方向性を変え、現在はパレクセルのダイバーシティ&インクルージョンチームのバイスプレジデントを務めています。アイーダは、ダイバーシティ&インクルージョンの重要性とパレクセルの戦略について紹介します。

詳しくはこちら  

カルロスのケース

カルロスは自身のセクシャリティや、社内のLGBTQ +コミュニティを会社がどのようにサポートしているかなどについてオープンに語ります。

詳しくはこちら

デボラのケース

デボラは、自分と自分の家族、そしてアメリカ人全体にとって「ブラックヒストリー月間」がいかに重要か、自身の経験や見解を交えて語ります。

詳しくはこちら

ミルザのケース 

ファイナンス部門のマネージャーとして請求書対応に関わる業務を担当しているミルザ。障がいをもちながら働く者として、これまでの経験や功績、チームをどのように導きサポートしているか語ります。 

詳しくはこちら  

ジェイミーのケース

ジェイミーは、臨床開発部のマネージャーから、お客様に研修を提供する「パレクセルアカデミー」のダイレクターへとキャリアをシフトさせています。ジェイミーは、LGBTQ+の社員にとってパレクセルがどのような環境か、自身の経験も交えて語ります。

詳しくはこちら

デビットのケース 

英国に住むデビッドは、パレクセルの営業部門のシニアダイレクターを務めています。デビッドは車椅子を使用していますが、スポーツ好きで、パラスポーツのコーチをしたり、傷病兵のための国際スポーツイベントに参加したりしています。またデビッドは、退役軍人のためのチャリティ団体のアンバサダーや大学名誉教授の顔も持ちます。 

詳しくはこちら 

ジェフのケース 

親としての喜びとLGBTQ +の家族が「ごくあたりまえの生活」をおくるために今後どのようなことが必要になるかなどについて語ります。 

詳しくはこちら  

ミハエルのケース 

LGBTQ+の当事者が親になること、またなぜ会社が性的指向や性自認にかかわらず社員をサポートしなければいけないか語ります。 

詳しくはこちら 

マリアーノのケース 

幼い頃から人権に関心があったブエノスアイレス在住のマリアーノ。南部アフリカ訴訟センターでのボランティアのために南アフリカへ渡航。リモートワークをしながら、ボツワナの反同性愛法の撤廃や同性愛への偏見根絶のために活動。 

詳しくはこちら 

サイモンのケース 

データマネージメントグループのバイスプレジデント、サイモンは、セクシュアリティについてカミングアウトしたときの心境など、自分自身の経験について語ります。サイモンは、「パレクセルはどんな性的指向の社員でも平等に扱われ、キャリア構築できる会社」と話します。

詳しくはこちら 

Awards and Recognition

LGBTQ当事者にとって働きやすい企業としてランクイン

アメリカの人権団体の調査「企業平等指数(Corporate Equality Index)2021」において、CROで唯一、LGBTQに対する職場の公平性を示すベンチマークを満たし、高スコアを獲得しました。

「えるぼし」最高ランク認定

「えるぼし」認定制度は女性活躍推進法に基づき、女性の活躍推進に関する行動計画を策定し、その取り組みが優良な企業に対して厚生労働大臣が認定を与える制度です。当社は全ての項目で基準を満たしていることから最高ランクを取得しました。

「トモニン」認定

     

フレキシブル・ワーク・アレンジメント(FWA)の導入など、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組んでいるとして、厚労省の「トモニン」を取得しています。

アメリカで最もダイバーシティに優れた企業として4年連続ランクイン

世界的な経済紙であるForbsの実施する上記調査で、500社以上ある優良企業の中でトップ100にランクインしました。2020年の調査では、CROの中では最も優れた企業として評価されています。

  • Flexjobs Award, 2014-2021
  • India Workplace Equality Index 2020 - Top Employer for LGBT inclusion
  • Top 10 Corporate Latina Executives - Aida Sabo
  • DivHERsity2020 Awards
    • Top5 Most Innovative Practices - DivHERsity Hiring
    • Top20 Companies in DivHERsity (Large Enterprises)
    • Top20 Most Innovative Practices - Women L&D Programs
  • 2020 Women on Boards winning company, 2016-2018
  • Black Enterprise Diversity Award 2018
  • Latina Style Awards 2018
  • Rosoff Innovation Award, 2018
  • Color Magazine Quality Champion Award, 2018
  • Guys Who Get It Award, 2017
  • Best of the Best Award, Professional Women’s Magazine, 2017
  • Courageous Leader Award 2016, 2017
  • Women’s Forum of New York, Corporate Champions 2016, 2017
  • West Women’s Award, 2016

We share our commitment to creating an inclusive work environment based on mutual acceptance and respect.